注意すべきポイント

保育士を志すにあたって注意しておかなければいけないことは、その労働環境です。特に、保育士は給料が安いと言われています。基本給では満足な額をもらえることもありますが、サービス残業が多いなどの問題点が指摘されることも少なくありません。また、慢性的な人手不足の園の場合には有給が通りにくいこともあります。もしも大切な用事があったとしても有給が通らなかったり、仮に通ったとしても職場に居辛くなることもあるようです。

また、保育士というのは人間関係が重要になってくる職場です。そのため、保護者との関係性をしっかりと構築しなければ働きやすさに直接作用してくる可能性があります。ありもしないことを噂で流されたり、明確に無視をされたりするなど、陰湿ないじめをする保護者もいると言われていますので、そのような事態にならないためにも、日頃から信頼関係を築き上げておくことが重要になっています。

さらに、保育士を志す人というのは理想の教育論や保育方針がある人が多いと思われます。このことも働きにくさに拍車をかけることもあるようです。理想としている保育論と現実のギャップに悩んでしまうときにはストレスが多くなります。また、やることが多すぎて自分の理想に付いていけず、自己嫌悪に陥ることもあるので気をつけましょう。

MENU

リンク集

サイトマップ

Copyright ©保育士ってどんな仕事?その内容と魅力に迫る!, All rights reserved.