仕事のやりがい

保育士のやりがいと言えば、何と言っても「園児との交流」です。どのような仕事においても、ここまで園児と関われる仕事は他にありません。発表会や運動会などで特に感じる達成感は園児と保育士が協力して作り上げた宝物だと言えるでしょう。園児と過ごす日々そのものがやりがいだという保育士も少なくありません。

また、子どもたちの笑顔や保護者に感謝されたときにやりがいを感じるという人もいます。自分が他人に必要とされていると感じる瞬間は、どのような人でも大変喜びに感じるものです。その表現が直接的に伝わる保育士と保護者・園児との関係性を作ることが出来れば、毎日の労働が自分の存在証明となることでしょう。自分の仕事に誇りを持つことが出来る、非常にやりがいのある仕事だということが出来ます。

保育士は保護者の次に子どもに接することが出来る職業です。そのため、まるで自分の子どものように成長を見守ることが出来ます。子どもの成長というのは非常に早いため、昨日出来なかったことが今日は出来るようになったということも珍しくありません。そんな子どもの成長を日々感じることが出来るという立場こそが、保育士の最大のやりがいだと言えるでしょう。

MENU

リンク集

サイトマップ

Copyright ©保育士ってどんな仕事?その内容と魅力に迫る!, All rights reserved.