保育以外の仕事

園児とのコミュニケーションや教育が目立ちますが、それ以外にも保育士の仕事というのは膨大な量があります。その中でも、園だよりなどの配布物の作成は骨が折れるものです。こちらは保護者に園の様子やお知らせなどを伝える重要な書類となるため、打ち間違えなどが無いか入念なチェックが要求されます。ケアレスミスばかりが続けば保護者との信頼関係が壊れてしまう恐れがあるのです。

また、園の行事などの準備にも大変な労力がかかります。お正月やバレンタイン、お花見に花火、七夕、プール開き、お泊り保育、お月見、学芸会、クリスマスパーティーなど、ザッと思いつくだけでも、これだけのイベントを企画して、成功に導かなければいけません。そのための準備をするためには保育士一同が団結をして頑張る必要があります。

これだけではなく、園の運営に関わる会議などを行います。保育方針や計画などを決めるためには園児が居ないときを見計らって行うことも多く、議論も過熱する場合があるため時間を割かれることも珍しくありません。さらに、休日を利用して外部研修などに参加しなければいけない場合もあります。このような研修を行うことによってレベルの高い保育が実現できるのです。

MENU

リンク集

サイトマップ

Copyright ©保育士ってどんな仕事?その内容と魅力に迫る!, All rights reserved.