園児の成長を促す

保育士の仕事内容の中で最も代表的なものとして挙げられることが多いのが「園児とのコミュニケーション」です。親の代わりに園児の健全な育成と健康な体を守ることが仕事の第一条件だと言っても過言ではないでしょう。このような保育士の仕事があるからこそ、保護者は仕事などに時間を使うことが出来るのです。

食事やトイレ、着替えなどを行う際にも保育士は園児のサポートを行いますが、重要なのがあくまで「サポート」をするということです。食事に関しても園児にお箸やスプーン、フォークなどの正しい使い方を教える必要があります。トイレマナーに関しても適切にアプローチをして手助けをしてあげることが求められます。これは保育士が親の代わりに教育を行うことによって、社会的なルールを覚えていくことが保育園・幼稚園の重要な役割だからです。

このように、生活の中での基本的な習慣を教えていくということが保育士たちの仕事だと言えます。遊びや課題の中にも社規制や協調性を養うようなポイントがなければいけませんし、それによって園児がどのような反応をするのかも観ておかなければいけません。日に日に成長していく姿を保護者の代わりに観察し、園児とのコミュニケーションを図ります。

MENU

リンク集

サイトマップ

Copyright ©保育士ってどんな仕事?その内容と魅力に迫る!, All rights reserved.